アスリートフードマイスターの食卓

「サンラータン麺」で冷えない身体をつくる

血液の循環を良くし、コンディションを整える食事

寒くなると血液の循環が悪くなり胃腸も冷えるため、栄養の吸収がうまくいかなくなる場合があります。血液が全身に巡ることで疲労回復にもなり、栄養が身体の隅々まで行きわたりますし、良いパフォーマンスにもつながります。

サンラータン麺

食材を食べやすい形に切ることにより消化しやすくなり、ショウガや山椒には身体を芯から温める効果があります。また塩分の取りすぎは血液の巡りを妨げてしまうため、疲労回復効果のある酢や香味野菜でしっかり香りを出すことが重要です。

材料(1人前)
・中華麺 120g
・豚ロース 50g
・長ネギ 25g
・ニンジン 25g
・ニラ 25g
・ザーサイ 30g
・卵 1個
・片栗粉 小さじ2
・水 小さじ2
・ニンニク 1/4かけ
・ショウガ 1/4かけ
・酒 小さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ2
・しょうゆ 大さじ1
・水 300cc
・酢 大さじ1
・塩、こしょう 少々
・山椒 少々
・ごま油 少々
・ラー油 お好みで

作り方

1.豚ロースは1cm幅に切り、しょうゆ大さじ1/4(分量内)と酒と鶏ガラスープの素少々(分量内)を良く揉み込んでおく。ニンジン、長ネギ、ニラは食べやすい大きさに切る。ニンニクとショウガはみじん切りにする。

2.鍋にごま油を少々と長ネギ、ニンジン、豚ロース、ニンニク、ショウガを入れ、焦げないように豚ロースに火が通るまで炒める。別の鍋にたっぷりのお湯を沸かしはじめる(分量外・麺をゆでる用)

3.水を注ぎ、酢、塩こしょう、鶏ガラスープの素(残り分量)、しょうゆ(残り分量)を入れ沸騰させる。その後、ニラとザーサイを入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけたあと、溶き卵を回し入れてスープをつくる。沸かしたお湯で中華麺をゆでる。

4. ゆでた麺をどんぶりに入れ[3]のスープをかけ、山椒をふりかける。ラー油はお好みで。

 

牛肉とナッツの甘辛炒め

牛肉は体内に吸収させやすいヘム鉄が豊富で、含まれるビタミンB12は造血ビタミンとも言われ、血液の流れを良くしたり貧血予防にも適しています。パプリカには抗酸化力の高いビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが多く含まれ、ビタミンEとAは油と合わせることで吸収力が上がります。ナッツにも血液の循環を良くする必須脂肪酸が多く含まれています。

材料(1人前)
・牛肉 100g
・レンコン 50g
・パプリカ 60g(赤、黄色それぞれ30gずつ)
・アスパラガス 1本
・無塩ナッツ(アーモンド、くるみ、カシューナッツ)  20g
・すりおろしニンニク 少々
・ごま油 適量
・しょうゆ 小さじ1
・オイスターソース 小さじ1/2
・酒 小さじ1
・塩、こしょう 少々
・砂糖 小さじ1/2
・オリーブオイル 小さじ1

作り方

1.レンコンは皮をむき食べやすい大きさに切り、酢水(分量外)につけておく。パプリカは食べやすい大きさに切っておく。牛肉は一口サイズに切り、酒、しょうゆ小さじ1/2(分量内)に揉み込んでおく。

2.鍋にお湯(分量外)を沸かし、レンコンとアスパラガスを下ゆでする。アスパラガスは食べやすい大きさに切っておく。

3.フライパンにごま油とすりおろしニンニクを入れ、牛肉を炒め、レンコン、パプリカ、アスパラガスを入れ、全体に火が通ってきたら、残りのしょうゆとオイスターソース、砂糖を足し、よく混ぜて塩こしょうで味を調える。

4.最後にナッツを入れ、味を絡めて完成。

 

焼きりんごヨーグルト

りんごとヨーグルトは身体を温め、シナモンをかけるとより効果的に。

材料(1人前)
・無糖ヨーグルト 50g
・りんご 1/4個
・黒砂糖 小さじ1/2
・シナモン 適量

作り方

1.りんごを薄い櫛切りにし、黒砂糖をまぶして耐熱皿に入れ、ラップをしたら500ワットの電子レンジで2分加熱。粗熱が取れたらヨーグルトに乗せ、シナモンをかけて完成。


レシピ協力:藤原則子さん
ご主人は2018-19シーズン限りでの引退を発表された群馬クレインサンダーズスクールコーチの藤原隆充さん。アスリートフードマイスター3級の資格を取得し、プロ選手生活を長く食事面からもサポートされてきました。

アスリートフードマイスターとは:アスリートのパフォーマンスを最大化するため、最適な食事プログラムを提供する人材 ※アスリートフードマイスターは、株式会社アスリートフードマイスターが認定する民間の資格
撮影協力:花のガロガロ

こちらもおすすめ

Top