Mami’s Photo Report

FIBA World cup 1st round , vs Czech Republic

皆さん今晩は。フォトグラファーの安井麻実です。

上海の夜に、このコラムを書いています。

 

私は早くも上海滞在5日目。

キャッシュレスが進んだ国”というイメージを強く持って、「クレジットカードがあれば大丈夫!」とノー現金でやってきた上海(中国)では、“ギンレイカード”なるカードがないと生きていけないことを知りました。

VISAやマスターカードを使えるところはあまりなく、ギンレイカードか現金(元)で支払う、というのが、外国人ルール。(現地の方はアプリ決済が主流らしく、現金を断られる場所もあるそうです…)

 

キャッシュレスが進んでいる。

というのは、中国人にとってだけだったみたいで、今年の1月にアメリカに1ヶ月滞在していたときの方が、よほど“キャッシュレス”を感じました。(数百円のお買い物も全てカード。駐車料金を支払うメーターにもカード決済できるシステムが備わっています。ほぼ現金を使わず1ヶ月を過ごしました。)

空港のコンビニでも、普段使うクレジットカードは使えず、タクシーも現金と言われて乗車を諦め、スーツケースと機材を持ってリニアと地下鉄2路線を乗り継いでホテルに辿り着いたことは、自分の中で武勇伝になっています。

と、初めて訪れた中国に驚くことは毎日起こるわけですが、そんな煩わしさから解き放ってくれるのが「FIBA World Cup」です。

 

今回は、チェコ戦の写真たち。

 

どんなものを皆さんに届けよう?と悩んでいました。

載せたい写真をピックアップしては削り、ピックアップしては削り…

先日載った三上さんの記事に、載せたいものを沢山使って頂いたので、それ以外のカットから。

 

私にとって、いくつもの “好きな時間” や “好きなポイント” があるんですが、今回は前回とはまた少し違う「アップ中の選手たちの心情」と、負けはしたものの「選手たちの勝ち気」が写っていると思ったものから選びました。

 

こちらに掲載するもの全てそうですが、今回も全部が全部、とても大切な写真たちです。

 

全部説明していたら大変ですけど例えば、

この試合で1番印象的だったのが、TOP画像にしてもらった“八村選手の天を仰ぐ後ろ姿”です。

これはバスケットカウントを決めた後なんですが、3秒…くらいでしょうか。上を向き、真っ直ぐ立っている八村選手がいました。

燃えるような、けれどとても静かな、とても惹きつけられる空気が彼のまわりに流れていて、瞳が釘付けに。本当に、“時間が止まっている”ように感じた1枚です。どんな顔をしていたのか、とても気になります。

あとは、比江島選手の後ろ姿。チェコ代表の2人がディフェンスにきているところなんですが、こわくないですか?(笑)

これを振り切るって、本当に凄いと、単純にそう思いました。

あとはそれぞれ、見ていただいた皆さんがどう感じるか。

私からの想いのパスです。

どうぞ、受け取ってください!

 

日本代表は5日、日本時間の夜9時30分から、世界ランク1位のアメリカと戦います。

日本選手団には、ワールドカップという舞台をとことん満喫して、ものすごく成長して、沢山の“経験”というお土産を日本に持ち帰ってほしいです。

みんなで応援しましょう!

レッツゴー日本!!

 

文・写真 安井麻実
Twitterアカウント @maminosapuri
Instagramアカウント @mami_yasui

「B1の全18クラブを1冊に!」クラウドファンディングによるアートブックプロジェクトがいよいよスタート!

こちらもおすすめ

Top