Mami’s Photo Report

FIBA World cup 1st round , vs Turkey

皆さんこんにちは。フォトグラファーの安井麻実です。

私はいま、男子日本代表チームの勇姿を撮影するため、上海におります。

 

一昨日行われた第1戦目のトルコ戦では、現地にも多くの日本人応援団が駆けつけ、会場の様々なところから「にっぽん!」の声が聞こえました。

現地中国の方なのかはっきりしませんが、中国語で「加油、八村!(頑張れ八村!)加油、日本!(頑張れ日本!)」と書かれたTシャツを着て、日の丸を振って声を出している方もいましたよ。

また、その日偶然知り合った台湾から来た記者の方に、「なぜ台湾から?」と聞いたところ、「台湾は日本とアメリカのバスケが人気なので、その2チームを取材に来た」とのこと。

アメリカと並んで…!と、とても嬉しい気持ちに。

(その記者の方は【B.LEAGUE】もご存知でした!)

さてさて。

試合のことは、スピリッツを含め、様々なメディアで結果や選手の言葉が伝えられていますね。

私は写真を通して、今の日本チームが“どんな感じか”、お伝えしたいと思います。

試合前、とても良い表情をしている選手たち。適度に緊張感のある凛々しい瞳に、W杯へのワクワク感というか、楽しみたい気持ちが伝わってくるような、そんな表情に見えました。

 

日本よりも格上の各国代表たちが、“全力でぶつかって来る”、そんな試合が続く予選ラウンド。厳しい試合が続くのは、想定の範囲内でしたよね。

そこからどう、日本の良さを見せるのか、どうやって、世界に日本の力を示すのか。

厳しい状況に直面し、それを乗り越えようともがくことは、この先の彼らに大きな力を与えるに違いありません。

この戦いを、楽しんで欲しい。

いや、楽しんでいるのかな?

 

1クォーター毎に成長していく彼らから、目が離せません。

チェコ戦では、どんな戦いになるでしょうか。

(チェコ代表・同日開催されたアメリカ戦より)

 

日本時間で今晩9月3日、5時30分、チェコ戦TIP OFF!レッツゴー日本!

 

文・写真 安井麻実
Twitterアカウント @maminosapuri
Instagramアカウント @mami_yasui

「B1の全18クラブを1冊に!」クラウドファンディングによるアートブックプロジェクトがいよいよスタート!

こちらもおすすめ

Top