ワールドカップ奮戦録④

今度こそ必ず ──

日本のワールドカップが終わった。

 

スピリッツが誇る2人のカメラマンと上海で別れを告げ、そのまま東莞に向かった。

そして日本の順位決定戦2試合を見つめた。

 

初戦の前日、八村塁がチームを離れることを知らされ、たどり着いたアリーナで篠山竜青の不出場を聞いた。

主力の2人が離脱することはチームメイトにとっても大きなショックだったに違いない。

しかし立ち止まっていては成長につながらない。

むしろ、そんなときだからこそ“日本一丸”となって戦えば、結果に関わらず、得られるものもあるはずだ。

見ているファンにも何かを伝えることができるはずだ。

 

しかし初戦のニュージーランド戦は81-111で完敗。

チームも空中分解の一歩手前にいるような感じだった。

 

田中大貴がゲームを振り返るまでに7秒の沈黙を要し、テレビのフラッシュインタビューを受けたあとの渡邊雄太でさえも

もう……そうですね……あの……(最後は)相手も遊んでいましたし、日本代表として恥だと思います

そう絞り出すまでに4秒の沈黙があった。

 

彼らの忸怩たる思いは十分に伝わった。

第2戦。

相手はモンテネグロ。

彼らもまた今大会で1勝もあげられていないチームだったが、激戦のヨーロッパを勝ち抜いてきたチームでもある。

聞けばNBAのオールスター選手もいるという。

ゲームを見ても確かにうまい。

そして高い。

強い。

むろんヨーロッパに勝つことを目標の1つにしていた日本にとって、臨むべき相手ではあった。

結果は65-80。

 

日本は5連敗で13年ぶりのワールドカップに幕を下ろした。

こちらもおすすめ

Top