レバンガ北海道 多嶋朝飛 × 橋本竜馬

僕らがここ(北海道)で築いていくもの part2

part1「2人にとってチャレンジのシーズン」より続く

順風満帆に見えたとしても壁のない選手はいない

── 多嶋さんの出身高校は北陸、橋本さんは福岡大附属大濠、両チームともに高校バスケットボール界の強豪として知られますが、お2人は高校時代から戦っていたということですね。

橋本 戦ってました。マッチアップもしてたよね?

多嶋 してた、してた。北陸と大濠はよく交流試合もやってたから高校1年のときからずっと戦ってきた感じだよね。

── 当時のお互いの印象は?

多嶋 ほんとに嫌なヤツでしたね(笑)。高校生であれだけガツガツやってくる選手ってあんまりいないと思います。

橋本 朝飛は当時から、なんていうかシュッとした選手でした。センスがあっていいパスも出せるし点も取れる。巧い選手だなと思っていました。当時の北陸には竜青(篠山竜青・現川崎ブレイブサンダース)もいて、すごくやっかいなチームでしたね。

多嶋 京北にはニノ(二ノ宮康平・現茨城ロボッツ)もいたし、僕らの代のガードは結構バチバチやってた気がする。

橋本 うん、みんなバチバチ!(笑)

── その後、多嶋さんは東海大、橋本さんは青山学院大に進学されて、4年次にはそれぞれキャプテンを務めました。

多嶋 あのころの青学は本当に強かった。たしか3冠(トーナメント、リーグ戦、インカレ)だったよね?

橋本 僕が4年のときは同期にアレク(湊谷安玲久司朱)、1年下に辻(直人・現川崎ブレイブサンダース)、2年下に比江島(慎・現宇都宮ブレックス)と力のある選手がいて、本当にメンバーに恵まれたと思う。

── 東海大がオールジャパン(全日本総合選手権)でリンク栃木ブレックス(現宇都宮ブレックス)と演じた熱闘も印象的でした。

多嶋 延長戦にもつれこんだ試合ですね。うちはあの年、春も秋も勝てなかったのですが、年明けのオールジャパンで東海大らしさを見せられたのは良かったと思っています。ほんとに最後の最後ですが(笑)

こちらもおすすめ

Top