• HOME
  • report
  • B.LEAGUE
  • 開幕連勝ストップも、今年はどこかが違うぞ、サンロッカーズ渋谷

開幕連勝ストップも、今年はどこかが違うぞ、サンロッカーズ渋谷

サンロッカーズ渋谷の開幕からの連勝が「5」で止まった。

これで今シーズンのBリーグで負けていないチームはなくなった。

勝って学び、負けて学ぶ。

ここからが本当のシーズン開幕かもしれない。

SR渋谷の熱狂的なファンであれば、もしかしたら完全無欠の「60勝」を夢見ていたかもしれない。だがあのマイケル・ジョーダンを擁したシカゴ・ブルズでも82試合のレギュラーシーズンで10敗をしているし(1995-1996シーズン)、2015-2016シーズンにその記録を塗り替えたゴールデンステイト・ウォリアーズでさえ9敗を喫している(73勝)。

どんな連勝であってもいずれは止まる。

SR渋谷にとってのそれがたまたま23日の宇都宮ブレックスとのゲームだっただけである。

最終スコア81-91

それでも終盤には粘りも見せた。

見失いかけていた自分たちのバスケットを、ゲームの中で意識的に取り戻せた。

今シーズンのSR渋谷はやはりどこかが違う。

終盤の粘りには「もしかして60勝?」と夢見ていたファンも、少しは溜飲が下がったことだろう。

しかし熱狂的なファンを除いて、昨シーズンの東地区4位、レギュラーシーズンで27勝しかあげられなかったSR渋谷が開幕5連勝をすると予想した人はどれくらいいるだろうか?

オフには6人の選手がチームを離れ、7人の選手が加わった。

しかも離れた6人のうち、ロバート・サクレは今シーズンの契約継続を発表したのちに、一転、開幕の約2か月前に現役引退を発表するという異例の状況だった。

しかも開幕カードは昨シーズンの天皇杯の覇者で、リーグファイナリストでもある千葉との2連戦だ。

少なくとも1敗はするだろう。それが大方の見方ではなかったか。

しかしそうはならなかった。むしろチーム一丸、流行りに乗れば「ONE TEAM」になって、開幕の大一番を連勝でスタートさせたのである。

こちらもおすすめ

Top