シーホース三河 #4 狩俣昌也

今こそ“三河武士”の反骨心を

※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年9月末発行vol.25からの転載

3年目を迎えるBリーグにあって、ある意味で最も注目を浴びているのはシーホース三河(以下、三河)かもしれない。エースの比江島慎がリンク栃木ブレックスに移籍し(その後、オーストラリアリーグのブリスベン・ブレッツへ移籍)、チームの司令塔だった橋本竜馬も琉球ゴールデンキングスへと旅立った。桜木ジェイアール、金丸晃輔とともにチームの中核を為していた彼ら2人の移籍でチームはどう変わるのか。2期連続でキャプテンを務める狩俣昌也に聞いた。

── まずは昨シーズンのチームを振り返ってください。

チームとしてはすごくまとまっていたし、仲もよかった。タレント性もリーグのなかですごく恵まれたチームだったと思います。

── それでもファイナルまでは勝ち上がれませんでした。

僕が三河に入ってからの2年、それはBリーグの開幕と重なるんですが、その間、チームとしても、選手としてもすごく悔しい思いをしています。レギュラーシーズンを1位で通過しても乗り越えられなかった壁があったわけですから。

── 壁を越えられないのは、何が足りなかったのでしょう?

現時点でもこれが足りなかったというものは明確にわかりません。ただ個人的な考えを言えば、小さいことの積み重ねというか、小さなズレ、少しの差があってのことだと思います。チームとしてのまとまりや雰囲気、モチベーション、勝ちたいという気持ちは本当にあったんです。だからこそ、その小さな綻びを見つけて、直していかないと、今シーズンも、その先も壁は乗り越えられないのかなって思っています。逆に言えば、今シーズンそれを見つけることで昨シーズンの成績を越えられると思いますし、チャンピオンにもなれるんじゃないかと思っています。

── プロといえども簡単には見つけられない部分を見つけることが、今シーズンのカギになると?

そうだと思います。基本的なことは忘れがちというか、疎かになってしまいがちです。それを自分たちがどれだけ見つめられるかがすごく大事になるし、それに対して自分たちが頑張れるかがすごく重要だと思います。

こちらもおすすめ

新着記事
B.LEAGUE

仙台89ERS 渡辺太郎社長 × 志村雄彦GM

仙台高校出身コンビが築く89ERSカルチャー part3

College & School

白鷗大学女子バスケットボール部 佐藤智信ヘッドコーチ・軸丸ひかる

ドゥエイン・ケーシーコーチに見せて恥ずかしくないチーム作りがモットー

B.LEAGUE

仙台89ERS 渡辺太郎社長 × 志村雄彦GM

仙台高校出身コンビが築く89ERSカルチャー part2

College & School

デトロイト・ピストンズ ドゥエイン・ケーシーヘッドコーチ

忠誠心と友情で日本にやってきたNBA コーチ・オブ・ザ・イヤー(後編)

Column

ほろ酔いバスケバカのたわ言 #2 「そもそも会場に行かないと買えないのはどうなの?」

College & School

デトロイト・ピストンズ ドゥエイン・ケーシーヘッドコーチ

忠誠心と友情で日本にやってきたNBA コーチ・オブ・ザ・イヤー(前編)

B.LEAGUE

仙台89ERS 渡辺太郎社長 × 志村雄彦GM

仙台高校出身コンビが築く89ERSカルチャー part1

B.LEAGUE

川崎ブレイブサンダース GM(ゼネラルマネジャー)  北卓也

24年間慣れ親しんだコートから離れてチームを見る新たなチャレンジ part3

B.LEAGUE

川崎ブレイブサンダース GM(ゼネラルマネジャー)  北卓也

24年間慣れ親しんだコートから離れてチームを見る新たなチャレンジ part2

B.LEAGUE

川崎ブレイブサンダース GM(ゼネラルマネジャー)  北卓也

24年間慣れ親しんだコートから離れてチームを見る新たなチャレンジ part1

Top