京都ハンナリーズ 伊藤達哉 #3

小さな選手にしかできないプレーは必ずある。それをアドバンテージにできるかは自分次第。

※本記事は2018年10月発行、バスケットボールスピリッツvol.26からの転載

スタートした3年目のB.LEAGUE、伊藤達哉は開幕2連戦でいずれも約30分コートに立ち、持ち前のアグレッシブなプレーでチームを牽引した。「先輩たちが自由にやらせてくれるおかげです」と謙虚に語るが、16得点、23得点をマークした“攻め気”は今年も健在。コートを駆ける172cmの身体には、人一倍の努力と、人一倍の負けん気と「バスケが好きでたまらない」気持ちが詰まっている。

── 昨シーズンはルーキーながら京都の司令塔として存在感を示したと思います。振り返って、ご自身の感想を聞かせてください。

最初のうちは英語が話せないこともあって外国籍選手とコミュニケーションを取るのが難しかったんですね。でも、自分が頑張ること、自分のプレーを見せることでだんだん信頼してもらえるようになってきたなという手応えは感じました。ジュリアン(マブンガ)とは今年も一緒にプレーしますが、もう信頼関係はバッチリです(笑)。チームとしての結果には納得していませんが、個人的にはいろんな経験ができたし、そこから得るものもたくさんあったし、充実したシーズンだったと思います。

── コートに出れば自分より大きな選手とマッチアップすることが多いわけですが、その際心がけていることはありますか?

大学のときはフィジカルを強化しなくちゃという思いが強くてウエイト(トレーニング)ばっかりやっていたんですね。そのせいというわけじゃないですけど、自分にはスピードの部分が足りないなぁと思っていて、最近はウエイトを減らして体幹メインでスピードをつけることを意識してます。相手がビッグマンだったり、スイッチされてもあわてないで1回ちょっと下がってからグンとスピードをつけて抜くとか、そういう緩急をつけたプレーを心がけています。バスケットはやっぱり上の空間で戦えることが有利じゃないですか。でも、小さい選手には下の空間で戦う有利性があると思うんですね。小さいからこそ下の空間が有効になるみたいな。もちろんスピードもそうですが、ディフェンスなら相手が嫌がる足元に入れるとか、大きな選手にできないことはたくさんあるので、そこで勝負していこうという気持ちは常に持っています。

こちらもおすすめ

新着記事
B.LEAGUE

プロバスケットボールクラブをつくろう!略して「バスつく!」

今は毎日が大変。でも、毎日が楽しい part3 【ベルテックス静岡・大石慎之介】

B.LEAGUE

プロバスケットボールクラブをつくろう!略して「バスつく!」

今は毎日が大変。でも、毎日が楽しい part2 【ベルテックス静岡・大石慎之介】

B.LEAGUE

プロバスケットボールクラブをつくろう!略して「バスつく!」

今は毎日が大変。でも、毎日が楽しい part1 【ベルテックス静岡】

B.LEAGUE

仙台89ERS 渡辺太郎社長 × 志村雄彦GM

仙台高校出身コンビが築く89ERSカルチャー part3

College & School

白鷗大学女子バスケットボール部 佐藤智信ヘッドコーチ・軸丸ひかる

ドゥエイン・ケーシーコーチに見せて恥ずかしくないチーム作りがモットー

B.LEAGUE

仙台89ERS 渡辺太郎社長 × 志村雄彦GM

仙台高校出身コンビが築く89ERSカルチャー part2

College & School

デトロイト・ピストンズ ドゥエイン・ケーシーヘッドコーチ

忠誠心と友情で日本にやってきたNBA コーチ・オブ・ザ・イヤー(後編)

Column

ほろ酔いバスケバカのたわ言 #2 「そもそも会場に行かないと買えないのはどうなの?」

College & School

デトロイト・ピストンズ ドゥエイン・ケーシーヘッドコーチ

忠誠心と友情で日本にやってきたNBA コーチ・オブ・ザ・イヤー(前編)

B.LEAGUE

仙台89ERS 渡辺太郎社長 × 志村雄彦GM

仙台高校出身コンビが築く89ERSカルチャー part1

Top