川崎ブレイブサンダース #24 大塚裕土

上を向く矢印 part3

── 3Pシュートと言えば、東海大の同期である石井講祐選手が昨シーズンのベスト3P成功率賞に輝きました。紆余曲折があって今のポジションを確立したことやバスケットに対するストイックなところなどお2人にはちょっと似たイメージもありますが、意識することはありますか?

ありますよ。プロになったのは僕の方が早いですけど、彼も関実(関東実業団)でバスケをしているときからプロになりたい気持ちはあったと思うんです。そこから彼らしく努力をしてプロとしてコートに立てばしっかり結果が出せることを証明しました。それは同期として本当に素直にうれしかったです。だけど、同じコートで戦うとなればあたりまえですけど負けられません。先に3P王を取られちゃったし、今年はお互い新天地で頑張ることになったし、そこは余計に負けられねーと思います。

── 同期では古川孝敏選手も秋田で新しいスタートを切りました。大学に入ったとき「僕らの代は高校時代それほど有名な選手がいなかった」とおっしゃっていましたが、その中からBリーグをリードするシューターが3人も出てきたことはすばらしいことです。特にその中の1人は3年までBチームにいたという。

たしかにそうですね。僕は大学ではほぼBチームでしたから(笑)。でも、そのころも絶対Aチームに上がってみせると思っていたし、Aに上がったときリクさんから「おまえがAに上がって試合に出ているのを見て、Bチームの1年生や2年生から俺たちも頑張ろうという言葉が出るようになった」と言われたことが今も忘れられません。大袈裟かもしれませんが、それが自分の原点のような気がするんですね。名寄に帰省したとき、子どもたちと交流を持つのもそれを何かの形で地元に還元したい気持ちからです。大学まで無名だった僕だってプロ選手として頑張っているのだから、みんなも自分の夢に向かって頑張れ! みたいな。

── 『名寄の星』としてはこれからも上へ上へと向かっていきたいですね。

はい。川崎はどの選手もフレンドリーですごく雰囲気がいいチームですし、その中でまた一歩ステップアップしていきたいですね。ここからまた上へ上へです。

川崎ブレイブサンダース #24 大塚裕土
上を向く矢印
part1「僕にはBチームのキャプテンはできません
part2「そろそろオールスターに連続MVPが出てもいいんじゃないですか(笑)
part3「ここからまた上へ上へです

文 松原貴実
写真 安井麻実

こちらもおすすめ

Top