• HOME
  • report
  • B.LEAGUE
  • バス・スピリッツ 〜釣りを始めたきっかけから『ガンクラフト』愛まで〜

シーホース三河 #14 金丸晃輔

バス・スピリッツ 〜釣りを始めたきっかけから『ガンクラフト』愛まで〜

※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2017年6月末発行vol.10からの転載

同時期に発売されている専門誌はこぞってBリーグを総括している。チャンピオンシップのことなどはぜひそちらをご覧あれ。こちとら3Pシュート&フリースロー王の金丸晃輔選手を捕まえておきながら、一切シーズン中のこともバスケのことにも触れなかった。そのせいか、終始笑顔…いやニヤけ顔で饒舌に語ってくれた。これまで何度も取材したことがあるが、こんなにも積極的な金丸選手は初めてである。自らが撮影に適したベストポイントに案内してくれたり、率先してギアを紹介してくれたり。取材に同行した全員が見たことのない生き生きとした金丸選手に驚き、そして笑いが絶えない。バスケシーズンが終われば、バス釣りシーズンが開幕だ。

バスケよりも先に始めた釣り歴は約20年

小学2年の時、おじいちゃんと一緒に網で魚を捕ってました。そこから川でいろんな魚を釣りに行くようになり、バス釣りをする友達がいて、そこから始めました。バスケを始めたのが小学5年なので釣り歴の方が長いです。(出身の)福岡だけではなく、九州にはいろんなポイントがあってバス釣りは有名です。先日も友達と一緒にフェリーで長崎県壱岐・対馬に行ってきました。ひたすら釣って、休憩がてら近くの温泉に入って、もう最高でしたね。釣り用語で魚が餌に気付いて釣れなくなることを「スレる」と言います。僕が釣りすぎてしまったせいで最後は“スレて”しまい、飽きたので帰ってきました。

最初は釣れたら楽しいなという感覚でしたが、段々とデカいものを狙うようになってます。6月3日に琵琶湖で57センチの大物を釣りました。もう、あの感覚を味わったらデカくないと満足できないですね。世界の最高記録が73.5センチで、この琵琶湖で釣られたんです。もしかしたら次は僕が釣るかもしれないと思うと夢があります。

夢といえば、タイに行ってみたい。そこにバラマンディ(体長2m/60 kg )というメッチャ大きな魚がいて、それを釣ってみたい。あとはボートが欲しい。免許を取ってボートを牽引して釣りに行くのも夢ですね。(ちなみにバスケでの夢は?)う〜〜〜ん。優勝かな。

「竿は大事に使えば生涯使えます。今は全部で10本」愛車にはロッドホルダーが付けられておりバス釣り仕様に!

一人で来ることが多いですが、鵜澤(潤)さんともよく来ます。先日も来ました。名古屋Dから新潟に移籍してしまう前に、もう一回釣りに行こうと約束しています。釣りに関しては全く人見知りせず、逆に積極的です。釣り友欲しさにインスタを始めました。僕からコメントをしていろいろコミュニケーションも取ってます。でも、自分の名前で、しかも写真をアップしてるのになりすましだと思われてます。

こちらもおすすめ

Top