名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 中東泰斗×笹山貴哉

今季のダイヤモンドドルフィンズはひと味違います!

※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2016年10月末発行vol.2からの転載

開幕から快進撃を見せる名古屋ダイヤモンドドルフィンズの中で、ひときわ光るのはエース中東泰斗とポイントガード笹山貴哉の存在だ。「チームの雰囲気は最高です!」と口を揃えた2年生コンビの笑顔から今季に向けての自信がのぞいた。

── いよいよBリーグが開幕しました。新たな舞台に立った感想を聞かせてください。

中東 若いチームになったことで、周りは自分たちのことをそれほど強くないだろうと思っていたかもしれませんが、それを跳ね返すような良いスタートが切れました。Bリーグはまだ始まったばかりですが、この勢いを失くすことなく戦っていきたいと思っています。

笹山 個人的には石崎(巧)さんが開幕戦でケガしたこともあり、自分が担うものが大きくなりました。でも、プレッシャーはそれほどありません。むしろ自分が一試合を通してゲームプランを立てて戦うことにやりやすさも感じています。

中東 ポイントガードとしてササ(笹山)には安定感があります。一緒にコートに出ていてやりやすいですよ。

笹山 パスを出す方の立場から言えば、タイト(中東)はシュートも打てるし、ドライブもできるし、その状況によって自分のパスに応えてくれるのが心強いですね。タイトを使うフォーメーションはいろいろありますが、その先のオプションというのも自分で選択できますし、一言でいえば選択肢がたくさんある頼りになる選手です。

── オールラウンダーと言われている中東選手ですが、その中でも自分の武器はなんだと考えていますか?

中東 やっぱり今はドライブですね。Bリーグの中でもなかなかディフェンスを縦に割ってゴールまで行く日本人選手は少ないと思うので、そこは自分の強みだと思っています。

 

── 持ち前の身体能力を生かした豪快なダンクも魅力ですね。

中東 ダンクをするとやっぱり場内が盛り上がるので、これからもできるだけ挑戦したいです。ただ、身体能力が高い、高いと言われますが、サッカーやテニスなんかは苦手なんですよ。足だけは速くて小学生のころから運動会のリレーはずっとアンカーでしたけど。

笹山 いや、タイトの身体能力は十分高いだろう。僕は運動会のリレーはコツコツ3番目ぐらいに入るタイプだった(笑)

 

── その笹山選手が自分の武器だと考えるものは?

笹山 これは自分の感覚なんですけど、たとえば1つのプレーに対して起こることを他の選手が1つか2つ予想できるとしたら、自分は3つか4つ予想できる。その『想像力』が自分の長所かなあと思っています。

こちらもおすすめ

Top