日本体育大学 #1 古橋正義 / 東海大学 #24 松崎裕樹

チームメイトからライバルへ

方や東海大の松崎は古橋との対決を前に「当然やられたくないというのはありましたけど、あんまり考え過ぎると硬くなってしまうので、個人的なことよりチームで何をするべきかということに集中するようにしました」と、語る。シックスマンとして出る自分の役割については「もし(試合が)行き詰っていたなら、自分のプレーで勢いを与えなくちゃならない。期待されているのは持ち味でもあるランニングプレーだと思うので、いかに走って速い展開に持っていくか、それは常に考えています」。東海大に入って1番驚いたのは練習の質の高さだ。「たとえばピックのかけ方とか、ボールをもらう位置とか、走るコースとか、そういう細かいことまで徹底して練習します。あと、どういう場面でどういうプレーを選択すればいいのかという的確な状況判断も求められます。そこはまだ自分に全然足りていないところです」。だが、自分がミスしても先輩たちに責められることはない。「先輩はみんな優しいです。この新人戦のチームも2年生は高校時代主力でやってきた人ばかりだけど、自分が、自分がっていうエゴがないというか、自分がやるべきときはやるけど、誰かを生かした方がいいと思ったら迷わず自分が犠牲になる。エースとしてやってきた人が勝負どころで人に託すっていうのは簡単そうで簡単じゃないと思うんですよね。それをみんなあたりまえにやっているところがすごい。そういう上級生がいてくれるから自分もミスをおそれず思い切ってプレーすることができます」。今大会で受賞した人生1度の新人王も「自分を生かしてくれた先輩たちのおかげでもらった賞だと思っています」と、笑顔を見せた。

春のトーナメントで東海大を倒した日体大、新人戦でその借りを返した東海大。秋のリーグ戦での対決が今から楽しみだが、夏から秋へと進化するチームには新人たちの成長が欠かせない。「古橋の持ち味はディフェンスですが、ファイティングスピリットもまた大きな武器の1つ。強いメンタルを持ってこれからさらに飛躍してくれる選手だと思っています」(日体大・藤田将弘監督)。「松崎は膝をケガしてギリギリ大会に間に合う状態だったんですが、それでもコートに出ればあれだけ頑張ってくれた。192cmの高さと走力を武器とした彼の伸びしろは非常に大きいと感じています」(東海大・陸川章監督)。立ち位置は違っても、それぞれ監督の期待を担い『チームに貢献できる選手』として伸びて行く2人のルーキーに期待したい。

文 松原貴実
写真 三上太、バスケットボールスピリッツ編集部

こちらもおすすめ

Top