特別異色対談 千葉ジェッツふなばし 島田慎二さん×すべすべさん

やるのも、観るのも、魅せるのも、バスケットは楽しんだモン勝ち

── 代表の島田さんがファンから見ても近しい存在になっていますね、千葉ジェッツは昨シーズンの観客動員数もトップでしたし、演出にもさまざまな工夫が感じられます。そういった意味でリーグを牽引しているクラブだと思いますが、島田さんご自身はどうお考えですか?

島田 ぐいぐい周りのクラブを引っ張っていこうとか、そんなおこがましいことは考えていません。ただジェッツが何かやることでバスケ界に刺激を与えられたらいいなという思いはあります。たくさんのお客様に来てもらうためにはもっとお客様を楽しませなきゃだめだとか、これぐらいお金をいただいている以上もっと努力しようよとか、それは常に念頭にありますね。その(努力の)結果が周りのクラブの刺激になればうれしいと思っています。

すべ 今、島田さんが周りのクラブに刺激を与えたいとおっしゃいましたが、僕はNBAと比べて日本のバスケがいいなと思うところは、敵対していないところだと思うんですよ。もちろん戦う以上ライバルではあるんですけど、そこはBリーグが掲げたBREAK THE BORDERじゃないですけど、垣根を越えた横のつながりも結構強い。他のクラブの良いところを見れば認めるし、取り入れたいという姿勢を感じます。

島田 そうですね。さっきも言いましたが、私は垣根を無くしたい人間で、たとえば今日のこの格好も普通あり得ないじゃないですか。一応クラブの代表なら(対談の場に)スーツぐらい着てきますよね。自分で言うのもなんですが、ふざけてますよ。先日はレバンガ北海道の折茂(武彦)社長に1日付き人をやってもらう企画を立てて、ジェッツの事務所で実際に「折茂くん、コピーお願いね」なんてこともやったし、日本代表戦のときは各クラブが集まって「ニッポン!」と叫んでいる場所に1人で入って行ったりね。ジェッツのブースターだけじゃなく、いろんなクラブのファンやブースターさんを招いた『第1回代表島田とざっくばらんに語らNIGHT 』という企画には沖縄から参加してくれる人もいました。それもこれも根底にあるのは垣根を取っ払いたいっていう気持ちなんですね。

── 島田塾(Bリーグ各クラブ代表が自主的に集まって開催される勉強会)もそうですよね。

島田 はい、島田塾では経営に関する自分のノウハウを包み隠さずお話してます。それどころか「これを読めばわかる」と本まで出してしまった(笑)。もうね、BREAK THE BORDERって言ってんだったら、これぐらいBREAK THE BORDERやらなきゃダメだぞBリーグ!って感じです。

すべ ハハハハハ…。島田さんの心意気、いいですね。

島田 多分、島田がまたやってるよ! とあきれてる人もいると思うんですよ。でも、Bリーグがいい意味でもっと変化していくためには、まずクラブが変わらなきゃならない。リーグとクラブどっちが先かといえば鶏と卵の話になりますが、少なくとも私はクラブが変わることでBリーグも変わっていくと思っています。

まだまだ続くこの対談。すべすべさんが見た千葉ジェッツ、島田代表が語る来季への抱負、そして、2人が贈る日本代表へのエールなどなど興味深い対談の続きは後日Web版で紹介したい。笑いながら、考えさせられる濃~い話の数々をどうかお楽しみに!

特別異色対談①島田慎二さん×すべすべさん「ジェッツは好きだけど島田は嫌いとよく言われます」
特別異色対談②島田慎二さん×すべすべさん「僕はフロントの考えを知りたくてたまらないんですよ」
特別異色対談③島田慎二さん×すべすべさん「今シーズンは世の中をびっくりさせることをやりたいですね」

文 松原貴実
写真 安井麻実